甲子園で最後のオープン戦、3/17西武戦に行って来ました。
前売りでチケットが売れている状況もありましたので、混雑予想されましたが
日本ハム戦より、短い時間でファンクラブチケット購入できました。
オープン戦は、ファンクラブ割引チケットは当日販売の自由席になるので
席を確保するまではドキドキですよね。指定席よりやはり気持ち余裕出ませんね。

KIMG0053

さて、開門11時過ぎごろ入場できましたが、雨模様の天気。
雨降り心配されましたので銀傘かかるかぐらいの席で観戦することとなりました。

KIMG0046

おととしCS、昨年も、ウル虎の夏、8月のDENA戦など
たびたび現場では雨にあいますが、オープン戦から
2019年も甲子園、天候の変化が急激に出てくる状況を感じるとは思いませんでした。
今年もお天気からの影響は大いにありと感じますね。

そのため、本日は直前までグランドコンディション保持のため
相手選手、阪神選手も練習はなし。
スターティングメンバー発表まで静かな光景は、めずらしい状況でしたね。

その分、今年も阪神園芸さんの素晴らしいお仕事ぶりがみえ、また園芸の皆さんの
大きな力が発揮されます。阪神園芸さん、いつもながらあっぱれです。

そんな試合前でしたので、
ファンクラブピンズ ゲットと昼食がゆっくり確認できました。

KIMG0049

本当は、西選手新作弁当 にしたかったのですが開幕後発売との事ですので
公式戦への楽しみにとっておきます。
昨日、糸井選手初実戦を祝って、昼食はオムライス弁当にしました。

本日は、ファンクラブ応援デーということで、ファンクラブ会員はピンズゲットできる初日。
たまたま鳥谷選手ピンズとなりました。

あっ、たまたま横にあるくまさんホルダーは糸井弁当購入のさいのおまけでした。
たまたま背番号1で偶然です。

本日ピンズゲットされた皆さんは、どの選手でしたでしょうか?

KIMG0051

前置き長くなりまして申し訳ありません。

さて、観衆17399人集まった 試合ですが
(選手活躍の詳細は、昨日までの記事もありますのでそちらも確認ください。)

開始後も、雨が降ったりやんだり、途中快晴になったりよくわからないお天気。
試合中断と再開の繰り返しとなりました。


KIMG0057 (1)

そんな悪コンディションでも先発の西投手。チェンジアップ主に緩急の
出し入れ巧みで、自身の悪送球からの内野ゴロ間1失点はありましたが
安定感抜群の印象でした。来週調整登板あるかもですが、もう
開幕シリーズ ヤクルト戦頼みましたよ、西さんです。

20190317-OHT1I50125-T[1]

さて、甲子園での得点力心配されましたが一気は3回裏でしたね。
高山選手木浪選手連続四球きっかけに、

2019年矢野野球感じさせたのは近本選手。

甲子園の柔らかいグランドコンディションついたセフティバント見事でした。
強い糸井福留選手でチャンスを迎える事が相手へのプレッシャー
得点確率高めるので、今年の効果的なつなぎ見た気がしました。

無死満塁となり超人糸井選手さすがのセンター犠牲フライで先制
さらに4番大山選手。

追い込まれましたが見事3遊間抜けるタイムリーヒット。
2019年4番大山選手はタイガースの生命線になるだけに
開幕への手ごたえの打点です。

そして、さすが福留選手。
生で、ジャストミートしたバットの快音、素晴らしく聞こえました。




打った瞬間、右翼上段へ3ラン本塁打。一気に5-0。
得点力不足に泣かされる猛虎打線が久々につながりました。
「久しぶりちゃう」そんなファンの声聞こえましたが。

ただこれで終わりません。
ナバーロ選手ヒット、糸原梅野選手連続四球。ショートライナー後の
二死満塁で絶好調 木浪選手。



新人とは思わせないバットコントロール。今日も2点タイムリーそして2安打マルチ。
毎日木浪選手の話題。開幕1番は確定と言わんばかりの快進撃です。
7-0 大量点獲得ビッグイニングでした。

こうなると、オープン戦とはいえ、安心して見ていられましたね。
西投手のあと、

加えて阪神売りの強力ブルペン陣、桑原投手は被弾してしまいましたが
6回能見投手、8回ジョンソン投手はほぼ完ぺきに近い投球内容。




2019年勝利の方程式へ。
締めは2019年バージョンで虎ヒゲ?ならぬ金ヒゲの守護神ドリス投手。
きっちり抑え、7-3
甲子園最後のオープン戦で矢野阪神記念すべき甲子園初勝利の一戦でした。

no title

久々に打線つながり大差の展開で自慢のリリーフ陣につなげる
2019年も勝利へはこの形かなと思わせる快勝ゲームでした。

先行逃げ切りの展開が、やはり2019年矢野阪神でも勝利確率高い流れではと見ました。

ただし、勝利でも気になるのは糸井福留選手以外でチャンス回った際のランナー返せない
場面があったこと。

2回1死3塁、3回1死満塁など凡打でも着実に1点でも追加できる打席を
特に若手選手たちがみせないと、幅広い得点力につながらない。。。

西ガルシア投手獲得、実績あるリリーフ陣の豊富さから、投手力はトップクラスであるはずの
戦力は、必ずしも阪神ファンからのひいき目線からの評価ではないはずです。
近本選手のつなぎにも見た2019年型の矢野阪神の攻撃、
昨年までとは違った機動力など、新しいスタイルみせての得点力アップが
勝利への条件でしょうか。

矢野阪神記念すべき甲子園初勝利に沸いた試合後は
多くのファンがチームショップアルプスの前で混雑していました。

KIMG0058

甲子園での勝利が阪神ファンにとって
何よりの元気の源。

阪神ファンに喜んでいただく、矢野阪神のテーマ。
期待していますよ、
2019年 われらが阪神タイガース!!!!!!!