開幕プレーボール直前だからこそ、あえて言います。



昨年最下位に終わり金本前監督無念の退陣から、
心機一転矢野新体制のもと
まもなく始まる2019年シーズン。
とはいえ、矢野新監督のもとでも、生え抜き若手育成は継承の上で、
阪神ファンを喜ばせる野球が目指されています。

その流れの中で、ルーキーの木浪選手・近本選手は
オープン戦でしっかり結果を残し
タイガースの歴史にも残る
開幕スタメン新人1、2番となる力を発揮しています。

一方、監督交代でも潜在能力はあるはずの、
金本前監督に期待されていた多くの選手たちが、
オープン戦でいまいち結果だせずルーキーたちにスタメンを
譲る結果になっています。

木浪選手・近本選手の今の充実ぶりは素晴らしいものがありますが、
長いシーズン、また将来に向けて糸井福留選手の後継者となる存在が
オープン戦で結果だした大山選手に続いて、必要なのです。

今年のオープン戦の彼らの内容は、ほんとに寂しかった。。。。
2019年シーズン、前監督の育成の流れを無駄にしないためにも

阪神躍進のために彼らの活躍は不可欠です。
今日でなくとも、強力猛虎打線になるために
はい上がれ若虎たち。。。。