原口、大腸がん手術後初の2軍本隊合流 全体メニューで汗を流す

 大腸がんからの完全復帰を目指す阪神・原口文仁捕手(27)が7日、西宮市の鳴尾浜球場で術後初めてファーム本隊に合流。全体メニューに参加した。

 ついに、全体のアップに合流することとなった。フリー打撃では直球のみのマシンと打撃投手相手に54スイングで安打性の打球が19、4本塁打と状態の良さを見せた。この日は試合前のシートノックにも術後初めて参加。守備で軽快な動きを見せる度に、球場に詰めかけた虎党の視線を釘付けにした。盗塁を想定した二塁へのスローイングでは、選手間から「ナイス、文さん」という声も上がっていた。

 1月24日、開設した公式ツイッターで大腸がんであることを公表(球団も発表)。同月31日に自身のツイッターを更新し、無事に手術が終了したことを報告。2月6日に退院、14日にリハビリをスタートさせてきた。

 3月7日から鳴尾浜球場でトレーニングを再開させた原口はその後、順調にリハビリを続けた。全体メニューからは外れながらも室内でマシン打撃や捕球練習に励み、ファーム本隊が遠征に出ている間の残留練習では、屋外でのフリー打撃やシート形式の打撃練習で調整を進めてきた。

 全体の練習に参加した背番号94。次なるステップの実戦復帰に向け、一歩前進となった。

復活めざす原口選手、全体練習に合流。
いよいよ実戦復帰に向けて。
6月交流戦ぐらいに?
完全復活待ってますよ、必死のグッチ。。。

原口、大腸がん手術後初の2軍本隊合流 全体メニューで汗を流す - デイリースポーツ
大腸がんからの完全復帰を目指す阪神・原口文仁捕手(27)が7日、西宮市の鳴尾浜球場で術後初めてファーム本隊に合流。全体メニューに参加した。
(出典:デイリースポーツ)


原口 文仁(はらぐち ふみひと、1992年3月3日 - )は、阪神タイガースに所属する埼玉県大里郡寄居町出身のプロ野球選手(捕手、内野手)。右投右打。 小学4年生の時に野球を始めると、中学生時代には寄居リトルシニア(現在の深谷彩北リトルシニア)でプレー。帝京高校2年生の時本格的に捕手へと転向した。
44キロバイト (6,532 語) - 2019年5月4日 (土) 08:05



(出典 hanshintigers.jp)



1 坂本先生 :2019/05/07(火) 14:28:19.85 ID:AWpwpz3o0.net

大腸がんからの復帰を目指す阪神原口文仁捕手が7日、手術後初めて、西宮市内で2軍の全体練習に復帰した。

この日は、フリー打撃やバント練習、キャッチボールなどの取り組んだ。

捕手の防具を着けてシートノックにも参加し、一塁、三塁、二塁の順で送球。
以前の姿にも劣らない矢のような送球を見せ、野手陣からは「ナイス」と声もかけられていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190507-05070214-nksports-base





3 風吹けば名無し :2019/05/07(火) 14:30:07.47 ID:rLJJEEz40.net

君が立てるんかい


4 坂本先生 :2019/05/07(火) 14:30:45.88 ID:AWpwpz3o0.net

>>3
こういうのは普通にがんばってほしいわい


11 風吹けば名無し :2019/05/07(火) 14:37:56.39 ID:fWNZ/UEda.net

横田はどこ…


12 風吹けば名無し :2019/05/07(火) 14:38:59.98 ID:sY5uo1aq0.net

>>11
金本のちんぽで直腸貫通したで


14 風吹けば名無し :2019/05/07(火) 14:39:58.47 ID:aJ8fJQjp0.net

>>11
つい最近原口と仲良く写真に映ってたで