本日は、1か月ぶりに甲子園球場へ5/21 ヤクルト戦へ行ってまいりました。

KIMG0215
KIMG0202

雨は午前中で上がり絶好の野球日和。
この天気でチームも日曜までの広島3連敗を忘れたいところですね。

さて、まずは今日もファンクラブ応援デーという事で。
オープン戦合わせ4回目の来場で
オリジナルタペストリーと
ピンズプレゼント当たったのは中谷選手ピンズ。

KIMG0212

最近上り調子もあり和製大砲の一発期待したいところです。

そして、選手コラボスタジアムグルメのご紹介。

今回、糸井選手先日の途中退場の心配から無事に試合出場できる様
祈願として、糸井嘉男の超人チャーハン弁当にしました。

KIMG0219

糸井選手の大好きなチャーハン、ハンバーグ、コロッケ、たまご焼きなど
ボリューム感満点。まさに超人弁当といえるスタミナ感
皆さんもぜひ味わってみてください。
購入でのプレゼントは、西選手ピンズ。
いつもお得感ありますねこれは。。。

さて、いつもあっという間に試合開始。
さて、観衆約42000人集まった試合ですが
(どうもいつも年間予約席は空席だらけでそれも含めたカウントの様でどうでしょうかね)

KIMG0227

いつもながら甲子園で先制点、先発投手を援護できるのかな?と
貧打心配しましたが1回裏から動きがありました。

2死一、三塁で、千両役者の福留孝介選手。
カウント3-1からの5球目、先発・原樹里投手の真ん中に甘く入った125キロ変化球をとらえ
右前タイムリーヒット。チーム5試合ぶりの先制をもたらしました。

 

矢野監督も「孝介(福留)の勝負強さといいますかね。そういうところを出してくれましたしね」と
コメント残しています。


さあ、久しぶりの先制点の流れに乗りたい、
今日の先発はここまでチームトップタイ3勝の青柳投手。

左打者を6人並べる燕打線も何の。青柳は3併殺を奪ってみせた(撮影・河田一成)

連敗ストップの期待は虎のサブマリンに託されました。

スタメン野手に左打者6人をずらりと並べてきた燕打線。

敗戦投手となった前回対戦の6日(神宮)では左打者に苦戦しましたが、
今回も1回に続き2回もピンチの連続。。。。


 2回表 雄平選手、村上選手のに味方のミスも絡んで1点を失いましたが
「初回に点を取ってもらったので、1点はいいというくらいの気持ちで向かっていけました」。
のコメントどおりなおも1死一、三塁で中村雄平選手を遊ゴロ併殺。
傷口を最小限にとどめた事が非常に大きかったですね。

結果先に言えば6回4安打1失点自責点ゼロ。
クオリティスタート。先発投手の役目今日も果たしてくれました青さんです。

さて1-1の同点から4回裏再び勝ち越し打は打率3割台
攻守の活躍著しい梅野捕手のバットからでした。



4回の1死2塁のチャンスで、打球は3塁ベースに当たり大きく跳ねる
ラッキーなタイムリー二塁打。2回の雄平選手の体当たりから
結果捕球ミスエラー失点の記録にかわいそうな判定に見えましたが。。。

その分背番号44の頑張りに幸運が訪れました。


さらにマルテ選手デッドボールの後の1死一二塁で
ルーキー8番木浪選手。初球でした。


引っ張った打球は一二塁間破りライト前へ。二塁走者梅野選手の本塁タッチかいくぐる生還で3-1。
「絶対に打ってやるという気持ちで初球から積極的にいった」。とのコメント、
ルーキーが奪った3点目は貴重な追加点となりました。

その後先のとおり青柳投手好投でしたが、続いた能見投手は
7回先頭打者のヤクルト若き大砲村上選手に一発を浴び
3-2の1点差。強力ヤクルト打線相手だけに
まだまだ試合は予断許さない状況に。

8回からはここまで防御率0点台のジョンソン投手。
形は必勝への勝利の方程式ですが
簡単に終わりません。


(出典 portal.st-img.jp)


先頭打者 代打宮本選手、レフト前ヒット。
続く太田選手が見事送りバント決め、一死二塁。
ここで2番勝負強い青木選手の場面で
バッター集中の一瞬のスキ。。。

なんと俊足宮本選手、まさかの3塁盗塁成功。。
そして青木選手はフォアボールで
一死一三塁で球界屈指のスラッガー3番山田哲人選手。。。
次の雄平選手含め逆転への危険性ある緊迫した大ピンチの場面。。。

甲子園に集まった阪神ファンの多くはハラハラドキドキだったと思いますが


ジョンソン投手得意のパワーカーブ威力発揮。
山田選手、雄平選手全くタイミング合わず連続空振り三振。
珍しく吠えたジョンソン投手、
ほんとにいつも見事なセットアップぶり、
ナイスピッチングでした。

雄たけびをあげるジョンソン。八回のピンチを連続三振で切り抜けた(撮影・河田一成)

こうなれば9回はドリス投手。


最後は代打バレンティン選手。
強打のシーズン最多本塁打記録持つスラッガーのバットへし折り
サードゴロ。5-4-3のダブルプレー。
やりました。


矢野阪神、ヤクルトとの3連戦初戦勝利で再び勝ち越し貯金1となった試合となりました。
ヒーローインタビューは青柳投手と梅野捕手。


そして、
どんどん目の前の試合を勝っていきながら、ファンの人に喜んでもらえる試合をね。
プラスをどんどん考えていきたい。と矢野監督のインタビュー。


さらに、試合後、甲子園球場横、阪神高速高架下では
広島戦3連敗後のうっ憤たまった中での勝利だったためか。。。
多くの阪神ファンが集まり

KIMG0236
  
応援が鳴りやむことはありませんでした。

やはり我らが阪神タイガースは世界一の感動
本日も最高の一日でしょう
絶対勝つぞタイガース
梅野捕手ヒーローインタビューいわく

いつでも勝つばーーい ですね。

では次回7月巨人戦でお会いしましょう。。。

この辺で。。。